産業用ロボット「ISO 10218-1/-2」CEマーキング適合について

産業用ロボットISO 10218-1/-2「ロボット/ロボットシステム」

 

産業用ロボット「ISO 10218-1/-2」CEマーキング適合について

*この記事は、2021年12月20日に書かれた記事です。

欧州では、再生可能エネルギー、脱炭素化(カーボンニュートラル)といった地球温暖化対策のための環境活動が盛んになってきております。

これに伴い、産業界でも化石燃料から新たなエネルギー源への転換を目指すための取り組みを進められております。

今回は、生産設備として多く用いられている産業用ロボットのCEマーキング適合について取り上げたいと思います。

自動車生産設備、搬送ライン設備、半導体装置などの機械製品では、多くの産業用ロボットが使用されております。

自動化を行う上で欠かせない産業用ロボットには、個別規格というものが存在します。

ロボット自体やロボットを組込んだ機械製品のCEマーキング適合には、個別規格「ISO10218-1/-2」への遵守が必要になります。

機械安全の規格体系において、個別製品規格(Cタイプ規格)に位置付けられるこのロボット規格ISO10218-1, ISO10218-2では、産業用ロボットの安全について要求されており、ロボット製品そのものはもちろん、ロボットシステムとして組み込まれた産業機械製品でも用いられる規格です。

ISO10218シリーズは、ISO10218-1(ロボット)とISO10218-2(ロボットシステム及びインテグレーション)の2つに分けられております。

お客様の製品がロボットそのものであれば、ISO10218-1を適用しますが、ロボットやコントローラーをロボットメーカーから購入して、ロボットシステムを製品に組み込んでいる機械製品の場合は、ISO10218-2を適用します。

ISO10218-1「ロボット」

ISO10218-1のタイトルは、「ロボット及びロボティックデバイス-産業用ロボットのための安全要求事項-第1部:ロボット」であり、主に産業用ロボットそのものに対する安全要求が記載されております。

ロボットの安全性を考える時、ご存知のとおり、その危険源のほとんどはISO10218-2で扱われるロボットシステムに依存することが多いものです。

しかし、ISO10218-2で要求されるロボットシステムを構築するためには、ISO10218-1に適合した産業用ロボットを使用することが要求されます。

ISO10218-1では、動力の伝達機構、起動/停止、速度制御、軸制限、ペンダントなどの要求があり、これらに適合したロボット構造であることが求められます。

 

ISO10218-2「ロボットシステム及びインテグレーション」

ISO10218-2のタイトルは、「ロボット及びロボティックデバイス− 産業用ロボットのための安全要求事項− 第2部:ロボットシステム及びインテグレーション」となっており、主に設置されたロボットシステムによってもたらされる特定の危険についての安全要求が記載されております。

ISO10218-2では、ロボット単体ではなく、ロボットシステムとしてロボットセルの設計、設置、運転、メンテナンス、廃棄に至るまでの製品ライフサイクルに深く関わる規定があります。

ロボットシステムとして安全性を考える時、特に人と機械との関わりについて、最も重要視しなければなりません。

これは、リスクアセスメントを行って考えていかなければなりませんが、機械のレイアウトや構造、運転(起動/停止など)、ティーチング、メンテナンスといった作業内容を考慮して安全設計を行わなければならないということになります。

また、複数の機械をつなげた生産設備ラインとして構築している場合は、ISO11161「統合生産システム(IMS)」に対しても、規格適合についても考えなければなりません。

イーエムテクノロジーのサービス

イーエムテクノロジーでは、ロボット/ロボットシステムを組み込んだ規格のCEマーキング適合性評価について、適合するためのコンサルティングサービスを行っております。

リスクアセスメントの実施、規格要求に対する製品構造対応の考案、ISO13849-1/-2安全回路の構築、取扱説明書の作成など、お客様製品のCEマーク対応をトータルサポートしております。

 

また、お客様のご要望にお答えするために、各専門分野のエンジニアたちが業務プランニングを行い、お客様に最適なご提案をさせて頂いております。

お客様のご要望、ご期待に添えるよう、最適なご提案をするためのヒアリングを行うことはございますが、しつこい営業電話、勧誘、メール等、お客様にご迷惑をおかけするような行為は一切ございませんので、ご安心頂ければと思います。

お見積り、ご相談は無料ですので、お気軽にお問い合わせ頂ければと思います。

 

関連ページ「EN60204-1 機械の電気試験 適合支援サービス」

関連ページ「機械指令(2006/42/EC)」

関連ページ「低電圧指令(2014/35/EU)」

機械関連コラムはこちら

 

CEマーキングのお問合せ