イギリスのEU離脱とCEマーク

イギリスのEU離脱とCEマーク (2020年2月4日更新)

 

 合意無きEU離脱となった場合、「UKCAマーキングの使用」についてガイダンスが出ておりましたが、現在は撤回されております。

「EU離脱後のUKCAマーク使用の準備」ガイダンス原文を参照下さい。

 

移行期間中にイギリスへ製品を出荷する場合、どうすればいいの?

 現在、アナウンスされている内容は、「本ガイダンスは2020年1月30日をもって撤回されており、2020年1月31日以降、2020年12月31日までの移行期間中に製品をイギリス市場に出す場合は、『CEマーキング』を使用できます。」ということです。

「Placing manufactured goods on the EU market after Brexit」をご覧下さい。

 

2021年以降もイギリスへの輸出にEUの「CEマーキング制度」が使えるのでしょうか?それとも新たな「UKCAマーク制度」になるのでしょうか?今後の動向に注視していく必要があります。

新たな情報が出たら、本コラム内でお伝えしたいと思います。

 

CEマーキングのご相談はイーエムテクノロジーまで

 イーエムテクノロジーでは、各分野の専門エンジニアたちによるCEマーキング適合支援サービスを行っております。

EUの最新情報はもちろん、最新の規格情報、規格に適合するための設計コンサルティング、リスクアセスメントや評価/試験の実施、技術文書の作成支援、取説の翻訳など、お客様のご要望にお応えし、CEマーキングを取得するために必要な業務サービスを実施しております。

 

大型機器のCEマーキングはこちらへ

 

小型機器のCEマーキングはこちらへ

 

CEマーキングに関するご相談事がございましたら、お気軽にお問合せ頂ければと思います。

最後までお読み頂き、ありがとうございました。

 

関連コラム「イギリスのCEマーキング EU離脱でどうなる?」

関連コラム「日本とEU 関税撤廃 CEマーキングで欧州進出へ」

 

 

2020年02月04日