EN60204-1 機械の電気試験

EN60204-1 機械の電気試験

 この規格は、交流AC 1000V、直流DC 1500Vを超えない公称電源電圧、及び200Hzを超えない公称周波数で作動する機械に含まれる電子・電気機器、その構成部品に適用されます。

一般の産業機械、工作機械などに広く適用される電気安全規格であり、電気試験以外にも電気機器に対する保護要求などが決められております。

電気試験

 EN60204-1では、機械の電気機器に対して電気試験による検証を行わなければならないことになっております。

当社では、お客様に代わりEN60204-1にかかる電気試験を実施し、テストレポートを作成しております。

具体的な試験項目は次のとおりになります。

 

4.2項 温度試験

使用部品が当該部品の使用温度条件内で使用されているかどうかの確認を行います。

 

8.2.8項 漏れ電流測定

製品のアース導体に流れる漏洩電流を測定します。

漏れ電流値が10mAを超える場合は、対応措置が必要となります。

 

16.4項 入力電流及び電力

定格ラベルに対して、入力電流及び電力が超えてないことを確認します。

 

18.2.2項 Test 1 保護接地導通性試験

電線の被覆損傷等により装置筐体へ危険な電圧が加わった場合(地絡した場合)、帯電した筐体への接触による感電から防止するため、保護接地接続が低抵抗で行われているかどうかを確認する試験です。

 

18.2.2項 Test 2 故障ループインピーダンス測定

間接接触に対する自動電源遮断による保護措置の検証として、規定の時間内に自動電源遮断が行われるかどうかを確認する試験です。

 

18.3項 絶縁抵抗試験

危険電圧回路において、電気機器の電線等が適切に絶縁されているかどうかを確認する試験です。

 

18.4項 耐電圧試験

危険電圧回路において、その機械の内部部品が適切な絶縁距離を持っているか確認する試験です。

 

18.5項 残留電圧試験

電源が断路された後も60Vを越える残留電圧を持つ充電部は、電源断路後5秒以内に60V以下に放電されるかどうかを確認する試験です。

 

18.6項 機能試験

安全インターロックシステム、非常停止、安全スイッチ、ライトカーテン等の安全装置が機能的に働き、安全確保されることや再起動が防止されているかどうかを確認する試験です。

 

機械指令(2006/42/EC) 1.7.4.2項 騒音測定

また、機械指令(2006/42/EC)では、上記に加えて騒音測定も要求されております。

機械から発せられる騒音によって人間に聴力障害、又は精神的ダメージを与えないレベルであるかどうかを確認します。

 

当社では、これらすべての電気試験を行っております。

大型機械の場合は、お客様先に試験機材を持ち込み、当社エンジニアが出張試験を行います。

小型機械の場合は、当社で製品をお預かりし、試験を行っております。